ホーム > 用語集

用語集

 人格障害

持っている「人格」が常道からはずれてしまって、社会生活に障害を来すものを言います。
青年期や成人期早期に始まることが多く、長期にわたってその人格が安定していて、苦痛を伴います。
この中でその障害が他の精神障害に原因がないものを一般的に人格障害といいます。
大量服薬やリストカットなどを繰り返し行い、「むしゃくしゃしたから、不安だから」などの理由を訴えます。他人を操作しようとすることも多く見られます。


症状
精神科で処方された薬のまとめて飲んでしまう大量服薬や、リストカット(自殺ではない)などの自傷行為を衝動的に繰り返すのが特徴です。

治療
①行動療法や認知行動療法などによる治療を行います。
家族に対しての関わり方の指導なども併せて行います。

ページの先頭に戻る