ホーム > 発達支援はじめます。こんな症状の方はお気軽に相談ください。

050-3734-5543

発達支援はじめます。こんな症状の方はお気軽に相談ください。

発達支援はじめます

成仁では、お子さんの発達に関するさまざまな相談に対応できる体制を整えました。発達支援専門のスタッフが対応致します。

以下のような気になることがある場合はお気軽にご相談ください

・発達が遅れてる

・コミュニケーションが苦手

・落ち着きがない

・言葉が遅れている

・耳が聞こえない

・社会生活に馴染めない

発達の総合相談窓口

こころの発達支援室は発達に関する相談を幅広くお引き受けいたします。お子さん、あるいはご自身の特徴を知るための心理検査・発達検査に加え、お悩みの内容に応じた様々なサービスもご提供いたします

発達支援の相談の流れ

① 相談・予約

予約制となっております。電話(050-3734-5400)もしくは以下のお問い合わせよりお申し込みください。

相談・予約

② 保護者相談(私費)

ご両親の困りごとの相談に対応致します。

保護者相談

③ 初診

担当スタッフによるインテーク(受理面接)後、医師の診察をいたします。

④ 再診

継続的に医療が必要と判断されれば、再診を致します。ご希望に応じて専門スタッフによる相談対応もいたします。

⑤ 入院

急性症状等により入院が必要と判断されれば、入院対応も可能です。

入院

⑥ 訪問診療・訪問看護

引きこもりなどにより通院・通所が難しい方は訪問診療・訪問看護にて専門職が訪問し、解決策を提案します

往診

訪問看護

⑦ 児童発達支援・放課後等デイサービス

OnlyOne足立にて小集団・個別による療育を受けられます

検査・診断希望の方

検査・診断希望をご希望の方はご相談ください。

WISC-Ⅳ

Vineland-Ⅱ

など各種検査に対応しております。

何度か、通院いただく必要があります。予約制のため時間がかかることが予想されます。ご了承ください。

多職種連携にてサポートします

精神科医師、看護師、保健師、保育士、作業療法士、薬剤師、管理栄養士などの専門職が支援いたします。

※利用する施設・サービスに応じて関わる職種が異なります。

お問い合わせ

発達支援に関するお問い合わせは下記連絡先、もしくは下記リンク先にある問い合わせフォームで承ります。

連絡先:050-3734-5543


事業の発端

発達障害児の増加

文部科学省の調査によると発達障害児(LD・ADHD・自閉症の合計)は2006年度の6894人から2012年度の29141人へ6年間で約4倍に増加していることがわかります。

発足の要望

現在、精神メインのサポートは少なく、精神面のサポートに特化した事業所のニーズが高まっており、児童発達支援事業所発足の要望がありました。

OnlyOneプロジェクト

以上のことから、OnlyOneプロジェクトが発足されました。OnlyOneは、発達分野に大きく凹凸が現れる発達障がい児に対し、凹を平均にするのではなく、凸をさらに伸ばす方向の指導をします。

一方で、生きる上で必要な最低限の社会ルールもしっかり指導していきます。

・ 発達の特性は誰もが多かれ少なかれ持っています。

・ 個人の特性は本質的に生涯変わりません。

・ 皆と同じような適応を目指すのではなく、自己の特性をポジティブに目立たせることで適応を目指します。

ページの先頭に戻る